スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

簡単!人形用抱っこひもの作り方 * あるもので作りたい

078_20151225215640d82.jpg

この前の記事でちょこっと紹介した抱っこひも。

ありがたいことに 「詳しい作り方を知りたい」 とリクエストを頂いたので、紹介させていただきます。

適当なところが多いので、お裁縫が上手な方から見たらツッコミどころが多いかと思いますが ^^;



まず、私が使った材料はこちら ↓

* 100円ショップで購入したキルトのランチョンマット
  ちょっと厚めの布でも代用できます。
  ランチョンマットのサイズは25cm×35cmでした。
  なければ、大きめのタオルハンカチなどでもOKです。

* 太めのリボン 60cm 2本
  肩ひもになるようなものだったら何でも良いです。
  ランチョンマットと同じ布にしたらオシャレ&丈夫なものになります。
  長さは目安なので、お子さんに合わせて調節してください。

* ゴム
  人形がずり落ちないよう支えるゴムなので、太めがおすすめ。
  なければ細いのでも大丈夫です。



ここからは、手書きでの説明となります。。。

分かりにくかったらすみません~ ^^;

003_201512262007211dd.jpg

① まず、ランチョンマットの下両端にリボンを一本ずつ縫い付けます。

  あ、ちなみに手縫い&返し縫いでしました。



001 (2)

② 下の部分を8cm、リボンごと折って両端を縫い付けます。

  そうすると浅いポケットみたいな状態になります。

  ここに人形の足を入れると抱っこした時に人形がすっぽ抜けなくなりますよ~ ^^



002_20151226200719985.jpg

③ さらに人形のすっぽ抜け防止用に、ゴムをベルトのように縫い付けます。



004_2015122620072221d.jpg

④ 右下のリボンを☆の部分に縫い付けます。
  
  左下のリボンも同じように縫って、リボンが交差するように仕上げます。



075_201512252156393aa.jpg

ここまで仕上げると↑の写真のような状態になっていると思います。

これで出来上がりでも良いのですが

この状態だと3歳の長女では、なかなか自分で装着しにくかったみたいなので。。。



078_20151227214436d4b.jpg

○の部分!

このリボンが交差している部分をくっつけちゃってください!

ボンドやグルーガンでくっつけるも良し。 縫い付けるも良し。です。

一度、子どもに装着してもらって

丁度リボンが交差する場所にしるしを付けてからくっつけると綺麗に仕上がります。



079_201512252156410f1.jpg

そうするとリボンのぐちゃぐちゃ感が軽減されて

どこに頭を入れれば良いのかが分かりやすくなります ^^*

ばってんに頭を入れて、横から両手を出すと上の写真のように装着出来ますよ~。



081_20151225215643b92.jpg

あるもので簡単に作りたい!

という人におすすめの抱っこ紐でした~ ^^*


  

洋服とかも作ったら喜ぶかな。

最近ちょっと洋裁熱が上がってきました♪


にほんブログ村 トラコミュ 手作り絵本・手作りおもちゃ大好き!へ
手作り絵本・手作りおもちゃ大好き!

にほんブログ村 トラコミュ 育児の合間にハンドメイドへ
育児の合間にハンドメイド


関連記事
スポンサーサイト
テーマ : ハンドメイドと素敵な育児
ジャンル : 育児

Tag:おもちゃ紹介  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

potemei

Author:potemei
3歳と0歳の子を持つ二児の母。
元保育士。
DIY好き。
整理収納を精進中。

子どもは可愛いが、ず~っと遊びに付き合うのは苦手。
『いかに可愛い我が子との時間を楽しむか!』を考えるブログです。

よく読まれている記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。