スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

子どもが 「あの子嫌い」 と言ったら・・・

052 (3)

長女もずいぶん口が達者になりまして。



「うーん、今ちょっと忙しいのだよね~」

「その言い方はこわいよ?○○って優しく言ったら、長女は嬉しいよ?」


など、なかなかませたことを言うようになってきました。



そんな中で、これはどうしたものかな~と思っていたのが

「○○ちゃんは嫌い」

みたいなお友達に対するネガティブ発言。



幼稚園や児童館で仲良くなったお友達が出来たからこその発言なので嬉しくもありますが

やっぱり”嫌い”っていう言葉はインパクトが強すぎます ^^;



長女が言う意味をきちんと説明すると

「あの時に一緒に遊ぼうって言ったのに、遊んでくれなかったから嫌い。でも、また一緒に遊びたい、大好きだから」

という感じで、本当に嫌いではないらしいんですよね。

言う相手も毎回違うから、特定の人が嫌っていうわけでもないみたいですし。

そこらへんの事情を省略して

「長女、○○ちゃん嫌いだな~」

というから、聞いている方としては何だかインパクトが強い ^^;



そんな長女に対して、今朝までの私は

「嫌いっていうと○○ちゃん悲しいんじゃない?

嫌いってすぐに言うんじゃなくて、こうして欲しかったなって教えてあげたら?」


みたいな感じで長女に話していたんです。



でも、今朝またそんな会話になりかけた時・・・

「長女は○○ちゃん嫌いなのだよね~・・・あっ、でも好きだけどね!」

って、私の顔を見て言い直したんですよ。

これを聞いて私は

あっ、なんか可哀相なことしてるかも!と・・・・



○○ちゃんが嫌い、というのは長女の素直な気持ちで

それを私に言うのはちょっとした愚痴みたいなものなのかも。


家で愚痴の一つも言えないって私だったらちょっと辛い><

夫に愚痴を言って、すぐに「でも、それはさ?」って正論を言われたら

「そんなの分かってるよ!ちょっと愚痴が言いたいだけなのに」って思っちゃう。。。



これからは、まず長女の気持ちを一旦受け止めよう!と思います。

今までもそう心がけてきたつもりだけど、やっぱりまだまだですね ^^;

まず 「うん、嫌いなんだね」 と受け止めることにします。

それから 「どうしてそう思ったの?」 と理由を聞いて解決出来るようにしていってもいいかなと。

子ども同士で勝手に仲直りすることもあるだろうし

無理して解決に導かなくてもいいでしょうしね ^^*



108_20151110084509044.jpg

朝からビシっと決めている長女。

背中 : 妖精の羽
右手 : サランラップの芯にお土産でもらったご当地の刀を詰めたもの
左手 : アンパンマンのギター



111_2015111008451136d.jpg

めっちゃドヤ顔でバイオリン演奏をしてくれました。

それ、ギターですけど(笑)

もー、いつまでこんなおバカでいてくれるんだろう。

可愛くて可愛くてw


にほんブログ村 トラコミュ 笑顔になれる子育てへ
笑顔になれる子育て

にほんブログ村 トラコミュ 子供と一緒にしたいこと!へ
子供と一緒にしたいこと!


 

  
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

Tag:目指せ にこにこ母ちゃん  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

potemei

Author:potemei
3歳と0歳の子を持つ二児の母。
元保育士。
DIY好き。
整理収納を精進中。

子どもは可愛いが、ず~っと遊びに付き合うのは苦手。
『いかに可愛い我が子との時間を楽しむか!』を考えるブログです。

よく読まれている記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。